大宴会in南会津2012スタッフブログ

<< 大宴会in南会津2011 | main | 関西以西方面への物資依頼 >>
【現状把握】南会津町&南会津地方振興局より

友人がまとめてくれました。
以下転載します。
http://yajin.jugem.jp/?eid=845
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【現状把握】南会津町&南会津振興局より
こちら福島県南会津町。
火起師 大西です。

嬉しいニュースを一つ!


ふきのとう が 出ていましたぁ。


春ですわ。ホント。
わくわくします。

さて、本日把握している状況をお知らせします。

睡眠時間を確保するため、
箇条書きですみません。

=================

【南会津町 役場より】2011年3月14日 17時

電話にて入手。

●「炊き出し」を実行中。

県内の被災地に向けて3月12日(土)から開始。
福島県より南会津町には1日1万個の割り当て。
3月14日〜18日には3万5000個を届ける予定。

日本赤十字社奉仕団と町内の婦人会がフル稼働。
町内のスキー場を停止し、場内の厨房を活用中。


●給水車 派遣

2t車を2台、中通り方面へ派遣。


●被災建物応急判定士 を 派遣

被災した建物の耐震性などをはかるため、
有資格者を派遣している。


●大気の放射線測定はしていない。

町はガイガーカウンター(放射線測定器)を
常備していないので。
もしも、測定するならば外部への委託となる。


●放射線について万が一の場合。

災害対策本部を立ち上げて、行動する。


●放射線の検査や除染について

南会津病院にて、放射線の検査や除染可能。
電話してから受診 (南会津病院 0241-62-7111(代表)
又は0241-62-7193(放射線科)へ) 検査は無料。
浜通りや中通りからの被災者から
検査希望の相談を受けたら南会津病院に誘導してください。

※追記
福島県、全避難所で被曝の検査実施へ

福島県は13日午後、県内の全ての避難所にいる人を対象に
被爆(ひばく)線量の検査を実施することを決めた。
実施の時期などについては国と協議している。
「日本経済新聞」3月15日
http://s.nikkei.com/i36Esf

●ゴミの収集について(防災無線により放送)

15日(火)は予定通り。
16日〜18日(金)ゴミ収集中止。
来週は追って連絡する。


●節電と食料品を分かち合うことをお願いします。


=============


【福島県南会津振興局より】2011年3月14日 19時30分

電話にて入手。

●福島県内のボランティアについて

社会福祉協議会 〒960-8141 福島市渡利字七社宮111番地
TEL:024-523-1251 FAX:024-523-4477
http://www.fukushimakenshakyo.or.jp/index.html
県内の安全が確認できるまで、ボランティアの登録、受付はおこないません。
しばらくお待ちください。

平成23年3月11日に起こった東北地方太平洋沖地震をうけ、
同日16時20分に『災害救援ボランティア本部』を
福島県総合社会福祉センターに設置しました。

※県のホームページより
平成23年度東北地方太平洋沖地震に関する
ボランティアの受け入れにつきましては、
受け入れ体制が整い次第お知らせします。

◆県ボランティアセンター
  電話:ア 024-523-1250
イ 024-523-1251
ウ 090-2603-7333



●ハートネット福島 (郡山市)
024−954−7959

阪神淡路大震災などで活躍した団体。
http://park12.wakwak.com/~heart/index.html


●「炊き出し」 実施中

南会津管内の市町村や民間の弁当屋さんなどに依頼。
毎日同じ人が長期間、続けるのは困難。いずれ交代要員が必要かも。

●被災者の受け入れについて

市町村からの情報収集を実施。
避難されてきた場合の緊急受け入れを想定。
現状は県の災害対策本部(福島市)から依頼はない。
いずれ発動したら動けるように。

〔避難民7500人受け入れへ 県災害対策本部が会津地方17市町村に要請〕

※福島民友Web。

http://www.minyu-net.com/news/topic/0314/topic4.html

 県災害対策本部は13日までに、地震による被害が比較的少なかった
会津地方17市町村に対し、浜通り地方を中心とする
避難民1万人の受け入れ先を確保するよう要請した。
同日、会津、南会津の両地方振興局に各市町村から寄せられた回答などによると、
公共施設など50カ所で約7500人規模を受け入れる見通し。
 13日午後5時現在、受け入れ可能な市町村は喜多方市2120人、
会津若松市900人、猪苗代町千人、会津坂下町900人、
会津美里町440人、下郷町500人、磐梯町250人、柳津町140人、
三島町300人、金山町500人、北塩原村280人、湯川村100人、
昭和村72人。西会津、南会津、只見、桧枝岐の4町村は検討中。
このほか、会津若松市の葵高が850人、会津学鳳高が600人を受け入れる見込み。


●南会津管内の道路は通行可能。
一部、片側通行あり。


●燃料は国の統制下に入っている。
入荷の目処がたっていない。

●鉄道について

会津鉄道(会津高原尾瀬口〜西若松)は
ディーゼル駆動のため、軽油が不足。
自主的に本数を減らしている。
※14日は会津田島〜西若松のみ運転。

野岩鉄道(新藤原〜会津高原尾瀬口)は電気駆動だが、
東京電力による電源確保のため、運休中。


●食料品の配送が困難。
燃料が届かないため。国に要望中。

●県内の電話は通じにくい場合あり。


●放射線のモニタリング測定

県の職員が人力、手動により屋外で測定。
データーはFAXやメールにて、
福島県の災害対策本部へ送付。

測定結果は
市町村へフィードバックできていない。
公表するためのマンパワー(人手)が不足。

福島県庁が被災していため、
通常の勤務ができない状態。
自治会館や近隣ビルにて職務遂行中。

データーの公表について、
住民からの要望として報告。

現在のところ数値に異常なし。


===========

ツイッターより

「道の駅たじま」(福島県南会津町)
 
施設利用可。トイレ、駐車場は24時間大丈夫です。
周辺には通行止めや危険箇所はありません。
流通がストップしており、ガソリン・食料品不足が
町で始まっています。


===========

そのほか

●ヘリコプターが朝から晩まで上空を飛行。


●夢の湯は入浴可能。
灯油が不足しているため、シャワーの利用不可。


●そのほか、道路状況。

下郷〜甲子トンネル〜白河 通行可能。

白河〜4号線で北上可能。

須賀川〜羽鳥湖〜下郷 通行可能。

栃木県今市〜鬼怒川温泉〜南会津 通行可能。

裏磐梯〜喜多方〜新潟方面 通行可能。


以上。


======


●原発は現在、緊急事態です。

今は、半径20kmの避難指示ですが、
放射性物質の拡散はすすんでいます。


外に出ないことが賢明です。
今後、降雨降雪も予想されますが、濡れないこと。

風向きにも気をつけましょう。
低気圧の接近に伴い、14日夕方から北風、北東風の予報あり。
http://weather.yahoo.co.jp/weather/wave/?c=0&m=wind

福島県内の原発は10基あります。

第一原発 :6基(うち3基は定期検査で停止中)
第二原発 :4基(うち1基は地震後に制御棒が入り、停止)

止まっていないものが6基。
余震もありますし、まだまだ不安定な状況です。

が。

ずーーっと、テレビを見ていたり、
情報収集ばかりしていると、心身共に疲弊します。
意識的に休んで、元気にいきましょう。

不安な時は、情報の収集ではなく、
家族や仲間と話をしましょう。


下記、よくまとまっていて、解りやすいサイトをあげておきます。
参考にしてください。

よくわかる原子力
http://www.nuketext.org/manual.html

原発に関するQ&A まとめ。
http://smc-japan.sakura.ne.jp/?p=752

福島第一原発から西に45キロ離れた地点の放射線観測データ
http://www.rupoken.jp/


情報については最終的に自己判断で取捨選択をお願いします。

ホームページはこちら⇒⇒⇒
南会津 08:08 comments(0)
COMMENT









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS